トップ «前の日記(2006-02-10(Fri)) 最新 次の日記(2006-02-28(Tue))» 編集

元祖 飲兵衛の戯言

2002|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|
2004|01|03|04|
2006|02|03|
2007|07|10|
2008|02|
2010|02|
2014|01|

2006-02-22(Wed)

SED、本格展開は2007年

液晶もプラズマも無視して、待ち望んでいるSEDですが、久しぶりにニュースに出てました。

「本格展開は2007年になる。2006年の展開については、社内で年内の数量などを検討中。2〜3週間で決めて案内したい」と述べるに留まった。

今年中には、電気屋で実物を見れるようになるんかな?

ウィローモス リシア トリミング方法

「ウィローモス リシア トリミング方法」で検索されて来た人がいましたので、私の方法を書きます。

ウィローモスは、流木などに活着させていると思いますので、そのまま取り出して、水を張ったバケツ(赤エビ水槽から引き上げた場合、稚エビが隠れていると思いますので、水は飼育水がいいです。水を流す前に救出しましょう。)に入れて、引き上げると、長く延びた部分が下向きに揃います。それを、100均で買ったハサミでザクザクと切ってます。色んな向きに引き上げる事で、全体を揃えます。活着が剥がれたら、巻き直しです。また、伸びるのを待ちましょう。南米ウィローモスは、トリミングらしい事をしてないですが、ウィローモスほど成長が早くないですし、三角形に綺麗に育っているのに、ザクザクとトリミングしたくないです。水槽の中で丁寧に一枚一枚、トリミングします。

リシアは、トリミングしないです。綺麗に育っていてもいつかは、バッコンします(最初にリシアネットに入れたリシアが枯れてネットから浮き上がってしまいます)。そうしたら、また、部分的にちぎってネットに入れて沈めます。ネットに入れる分量は、厚さ5mm程度で全体的に広げます。少しでも増えますが、バッコンする時期が早くなります。厚く入れすぎると、光の当たらない下になった葉は枯れるだけですので、意味がありません。



2002|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|
2004|01|03|04|
2006|02|03|
2007|07|10|
2008|02|
2010|02|
2014|01|